”世界にひとつだけの”芸術作品、靴。

 靴は総合芸術だと思う。

 採型して、デザインして、型紙をつくり、切って、縫って、漉いて、染めて、いくつもの作業を経て、仕上げる。どんな服飾関係の職業よりも”職人気質”な気がする。

 

§
 

 今日、今年の秋頃から自分の店を構えられる靴職人の友人にオーダーメイドの靴を作ってもらうべく、採型してもらっていました。フットプリント(*1)をして、サイズをはかり――サイズといっても、甲の高さだけでも何か所もはかってもらう――木型をつくるために石膏で足型をとる。そこからデザインの打合せをしたのですが、スタイルにしても内羽根に外羽根、サドルなど多種多様。デザインだとウィングチップを入れたり、穴を開けたり。素材もソールも好きなように選べて、面白かったです。既成靴を買うときは既に完成形としてできあがったものの中から、自分の好みに合うものを、そして自分の足のサイズに合うものを選ぶしかないので、日頃意識していない部分まで様々なバリエーションの組み合わせで成り立っているんだと再認識できました。”ある程度「スタンダード」は決まっていて、そこでどう個性を出すか”みたいなところが靴の魅力なんだなあ、なんて思ったりも。

 

(*1)足圧をはかり、足裏のどこに体重がかかっているのかを調べることで、外反母趾や扁平足などの症状がないかを調べる作業。

 

 ふとした話の流れから仰られた、天然皮革と合成皮革の話がまた印象的で。「合成皮革にもよさがあり、適材適所があるとは思う。でも、合成皮革には寿命があり、たとえ使用せずに靴箱の中に閉まっておいたとしても、履くことができる年数が限られている。しかもその寿命は、卸問屋を通して店先に置いてある靴を購入してからではなく、その靴がつくられた時点から始まっている。天然皮革は手入れさえきちんとしてあげれば長い間履くことができて、使ってゆくほど味が出る。経年劣化を楽しむこともできる」とのこと。合成皮革の靴は人に渡る前、つくられた時点からただ死に向かってゆく。天然皮革の靴はつくられてから、人に渡って、そこからそれぞれの人生(靴生?)を生きてゆく。「シーズンごとに変わる流行りを楽しむためなら合成皮革は適していると思うけれど、”よそ行き”みたいなものにはやっぱり天然皮革を選んでほしい」という彼女の言葉に”職人さ”を感じました。

 

§

 

 お決まりの、大好きな梨木香歩さんからの引用。

 

 学生時代から、棚は文章を書くことが好きだった。――中略――石屋が墓石をつくるように、誰か、その人のためだけの物語を、心を込めてつくる。オーダーメイドなのだから、注文先の条件はできるだけ聞く。そういう縛りの中で、できるだけ深く、その人のストーリーを汲み上げ、紡ぎ上げる。

 

梨木香歩「ピスタチオ」より引用)

 

 意識が照射角度が靴の方に向かっていたからか、先ほどテレビを見ていたら、故・ダイアナ妃もその靴を愛したという世界的に有名な「ジミー・チュウ」というマレーシアの靴職人の方が「世界ふしぎ発見」で取り上げられているのを観た。その方が「私が靴をつくるときは、その人の物語を汲み上げ、その人の生き方に合わせた靴をつくる」と仰っていたのが、妙に上記の引用文にリンクしていて興味深かった。

 

§

 

 音楽を聴いていると「これは自分のために宛てられた歌なんじゃないか」あるいは「自分のことなんじゃないか」と思うときがある。しかし、この世に自分に向けられた歌などない(ミュージシャンの恋人がいて誕生日に曲をプレゼントされた、とかなら知らんけれども)。音楽――ポップスに限らず、クラシックやジャズも――や、絵画、小説、マンガは”大衆に開かれた”芸術作品という印象を受ける。たとえ誰かひとりのためにつくったものだとしても、そのひとつの作品が大勢の人に鑑賞され、消費され、共感を呼んだり、大きな歴史の流れを生み出したりする。その観点からすれば、靴というものは閉鎖的かも知れない。服飾品と比べても大きなファッションの流れを生む、ということも少ない気もするし(無知がゆえの誤った捉え方です)。しかし、靴――オーダーメイドのもの――というものは、その靴を使用する、その人だけに捧げられた、その人を、その人の暮らしを、その人の人生を彩るためだけの、まさに”世界にひとつだけの”芸術作品なのだ。

 

§

 

 これを読んでくださっている方の中で「足の形が独特で、合う靴がなかなか見つけられない」という方や、「自分好みのデザインの”世界にひとつだけの”靴がほしい」という方がいらっしゃれば、新進気鋭のいい靴職人を知っているので、ぜひ私のところまでお声掛けください。

 

 ……と、今日採型をしてもらっただけなのに異様なテンションの上がり具合ですが、私も自分の靴ができあがるのが今からとっても楽しみです。その前に、まずデザイン案を詰めないといけないので、皆さんも何か素敵な靴があれば教えてください。よろしくお願いします。